赤ちゃんを乾燥から守ろう!~Babyのスベ肌を守り隊~

デリケートな肌を守ろう

赤ちゃん

新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹などは乳児湿疹と呼ばれ、赤ちゃんの肌に多く見受けられます。大人の肌に比べてデリケートで敏感なので、赤ちゃんの肌は乳児湿疹が起こりやすくなっているのです。大きく関係している原因は3つあり、1つは皮脂と汗の分泌量となっています。新陳代謝が活発な赤ちゃんは、皮脂を多く分泌します。3ヶ月頃までがピークと言われており、皮脂の大量分泌により毛穴が詰まり乳児湿疹を招いてしまいます。2つ目は、皮膚の角質層の薄さが原因となります。角質層が薄いと、潤いをキープしたり外からの有害物質から守ったりすることが出来なくなってしまいます。ダメージを受けやすくなっているので、乳児湿疹が出やすくなっているのです。そして最後の3つ目が肌の乾燥です。皮脂を大量に分泌しますが、逆に乾燥しやすいのも赤ちゃんの肌の特徴です。特に冬は乾燥が悪化するので、ベビーローションを使って保湿することが乳児湿疹の対策法となります。原因は赤ちゃんによっても異なりますが、コマ目なケアと敏感に気づいてあげることが重要になってくるのです。

乳児湿疹の原因は皮脂の大量分泌や薄い角質層、極度の乾燥と様々ですが、肌を清潔にして保湿することで十分に予防することが出来ます。デリケートな肌なのでケアする時は、優しくダメージを与えないように心がけましょう。また低刺激の石鹸やボディソープ、ベビーローションなどが販売されているので、お風呂や毎日のケアとして取り入れてみると良いでしょう。